【デッドマンズフォレスト体験】リピしたい内容・場所と待ち時間

屋外型ホラーメイズ最高!台風近づく雨の中、ゾンビに追われた感想

三連休ということもあり、“ホラー・ナイト・エクスプレス・パス3~デッドマンズ・フォレスト”を購入して行きましたが、台風が近づいてきたためパーク内は平日並みの混雑状況。いや、それ以下かも。

なので、エクスプレスパスの効力が全く感じられませんでした。

が‼

そんな雨の中、休止されることなく実施されていたことに感謝です。
ゾンビ達、カッパ着ていましたが。ある意味、貴重(笑)

ということで、先日行ってきたばかりで記憶が新しいうちに体験してきた感想や、アトラクションの入り口の場所、待ち時間などについてまとめます。

【入口の場所】バックドラフトがスタート地点


2017年のゾンビ脱出は、バッグドラフト入口からスタートです。

2016年の『』のあった場所は出口となります。



3連休初日でしたが、終日、待ち時間20分待ちでした。

エクスプレスパス発動ーーー‼…なのに、普通に並んだ人と同じ最後尾へ(笑)

なぜ、ココから?

という疑問は、スタートしたら分かりますよ♪

ダイナソーに並んでいる時に、森が広がっているのを見て予測はしていましたが、やはりそこがゾンビが徘徊する森。今回の舞台でした。

USJのパーク内が裏でどう繋がっているかは未知の世界だったんですが、バッグドラフト側から入ってフライング・ダイナソー側に抜けれるんですね。

体験時間と平均の待ち時間は?

体験時間は、

  • 最初に通された部屋でゾンビの森が出現した理由となる映像を見る。
  • 次の部屋で参加者全員が感染してしまうイベント発生。

これらの演出から、除染室を目指して森を抜けて脱出するまでを合わせて
———————–
30分
———————–

ほど。空いていたので私達は体感もっと早かったです。

待ち時間は、平均して
———————–
60分~90分
———————–
のようですが、

私が行ったのは三連休ですが台風前ということもあり、終日
———————–
20分待ち
———————–

でした。

待ち時間の短縮のためにエクスプレスパスを

今回は威力を発揮できませんでしたが、『ホラー・ナイト・エクスプレス・パス3~デッドマンズ・フォレスト』は、

  • デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出
  • カルト・オブ・チャッキー~チャッキーの狂気病棟
  • 貞子~呪われたアトラクション

がセットになって、税込み4,200円です。

無料で体験できるアトラクションに大金を支払うなんて、スゴクもったいないように思えますが、限られた時間でUSJを満喫するために有効的な魔法のパスだと思いました。

終日20分でOKな日だと、結果的に残念な気分になるんですけどね(笑)

特に、グループで来ていて分散する場合、早くに合流できるメリットは大きいです。

何度でもリピしたくなる内容【体験した感想】

私は、昼からの体験時間が設定されていましたので、まだ明るい森の中を逃げ回ってきました。

雨が降る中でしたので、雰囲気は抜群。

地面に横たわっているゾンビもリアルで、それが人形か演技している人間かが近くに行くまで見分けがつかず進むのが本当に怖いです。

に行くゾンビフォレストは、見える恐怖

に行くとこれが、見えない恐怖になるんでしょうね。

できれば両方体験したい‼と思ってしまいます。

デッドマンズ・フォレストの流れ

事件発生

自分自身も感染

死の森を抜けて

除染室へ

バイオハザードっぽい展開をしているストーリーですが、やはりココに一味加えたいと思ったら、パスワード入力ですよね~。

感染した部屋で画面に映るパスワードを暗記しましょう。

記憶力が試されます(笑)

このパスワードを暗記するために語呂合わせみたいなのを周りの人達が口々に言ってたりして、それらを聞きながら自分の中でも復唱したり、同行者と前半後半で分けて覚えたり。

ゾンビに出会って叫びながら、右に左に逃げまわっているうちにパスワードを忘れちゃいそうで、森に入る前から緊張感が高まりますよ。お楽しみに。

出口は2ヵ所あり、そのうち1つはハズレ。

私は正解の除染室に行ってゴールできましたが、ハズレがあると知っちゃうと、どんな世界が待っているのか再び行きたい気持ちでいっぱいに。

どうもミッションクリア出来ない部屋に入ると、ビッシャー‼と濡れるようです(笑)

このメイズ自体が“レインコート着用を推奨”しているということは、結構な水量みたいですね。
私は、すでに雨に濡れていたし、レインコート着用していたので、ぜひ失敗部屋に入りたかったです。

除染室から出ると全部で6部屋あったので、左右に分かれていくうちにグループが分散していくのかな。

何度でも楽しめる‼

  • 森の中で別のルートも試したい
  • 昼と夜のどちらの森も体験したい
  • 除染室の成功と失敗の両パターンを体験したい

というように、リピーター続出しそうなホラーメイズでした。