祟り【USJ】220分でも実際の待ち時間は?ネタバレ恐怖体験感想

祟りUSJ待ち時間ネタバレ感想

USJホラーナイトの祟り『祟~TATARI~生き人形の呪い~』に行って来ました。

公式アプリで待ち時間220分となっていたので覚悟を決めて並びましたが、実際に並んだ時間は全然違っていました。ストップウォッチの画像を交えながらご報告致します。

それからアトラクション体験中に不思議な出来事が起きたので、そのことも交えながらネタバレしない程度の感想を書かせていただきます♪

追記:2017年9月17日

【祟】公式待ち時間220分が実際は60分で入場

三連休に2日間USJに行ってきたのですが、初日、ユニバ公式アプリを見て

『待ち時間120分』

と情報ツィートしていたところ、同じハシュタグで祟りが『30分待ちだった』との書き込みを発見。

あれ?
エクスプレスパスを持ってはる方なのかな?

と思いつつ、その日の『祟』は昼からずっと待ち時間が長かったので諦めました。

子供とUSJ・体験談今年はホラーコンテンツに入れなくても、ゾンビモブやパーク内でのゾンビイベントがたくさん。癒し系のデブゾンビもいるし♪
外だけでもかなり楽しめます!
近々またゾンビ満喫するためだけにUSJに行く予定。

そして昨日、連休最終日の祝日

祟の待ち時間は220分待ち『RE-BOOOOOOON・パーティ #仮装で熱狂』が中止になるほど雨が降ってきたせいで、連休初日ではまだ120分待ちの時間帯だったのに、早くも220分待ちにΣ(゚Д゚)

220分待ちと言えば、3時間40分だよね。もうほぼ4時間待ち

祟を待つ人の行列公式アプリの待ち時間は220分でしたが、悩んでいるうちに雨が止み、看板では200分に変わっていたので思い切って並ぶことにしました!
整理券はありません。

祟りの行列に並んだと同時にストップウォッチON‼

並ぶ前に立っていたクルーに本当に200分かかるのか尋ねたところ、
「はい、最大でそれぐらいかかりますね」
とのお答えでした。

先は長い…


祟の待ち時間をストップウォッチで思いのほかスイスイと止まることなく行列が進んでいくことに驚き。
この調子だと4時間近くもかからずにいけるのでは?

祟~TATARI~』の待ち列は見えている部分だけでなく、さらに奥に続いていくのですが、裏に回り込んで行った時点でのタイムはこの通り。


祟~TATARIの裏の通路
祟~TATARI~』の裏の通路はこんな感じ。
こんな奥にまで並ぶ行列が続いていたなんて。

従業員の控室があるのか、クルーがよく出入りしています。

ココまでくるともう少し!

この裏の通路を抜けると、入口は目の前に。


祟りの入り口が見えてきた
あっという間にの入り口まで来ました!
恐怖を盛り上げてくれる立て看板の字も読めるぐらい近づいてきてドキドキ。

ここまで200分かかるどころか…


祟りの待ち時間をストップウォッチ

グループ分けの白いヒモを手渡された瞬間、ストップウォッチのタイムはこちらでした。

200分待ちを覚悟して並び始めましたが、ナント!60分待ちで順番が来ました!

ということは、

初日に私が公式アプリを見て120分待ちだった時に、30分で入れたというツィートされていたのは、きっと通常に並んでいてもあり得ることなんですよね。

チェックポイント昨日は、雨で待ち時間が長くなっていたところ、私が並び始めた頃には雨が上がり人の流れが変わったようで、公式アプリでもどんどん減っていく(220分待ち→150分待ちになっていった)という状況だったので、これほど早くなったのかもしれませんが。

まとめ

祟~TATARI~生き人形の呪い祟~TATARI~生き人形の呪い』は、入口が3ヵ所あるため(回転数は調整されていると思いますが)、公式発表の待ち時間よりも半分以下ぐらいの待ち時間で行けるかも!?

なので、待つことを覚悟をしつつも、並んでみる価値はアリ!だと思います。

私は今回、真ん中のコースを体験したので、別のコースを期待しつつ再チャレンジする予定です。

その時にもストップウォッチしてきますね。もしこの記事に反して公式発表の時間通り待つようなら追記致します。

祟りに行くなら昼のハロウィン?夜のホラーナイト?

Jホラーエリアの鳥居を抜けて祟りへ

祟~TATARI~生き人形の呪い~』の開始時刻は、12時から。

会場に行くためには、Jホラーエリアの鳥居を抜けて、霧が立ち込めジャパニーズお面の怪人が彷徨うお墓を横目に向かいます。

かなり雰囲気が出て最高!なのでホラーナイトの時間に行くのも良いです。

が!
なんてたって今年はゾンビの数も多く、チェーンソーも増量している上に、バス爆発や檻パニックのイベントや、キャラ毎にあちこちでゾンビモブを見られるので、18時以降はパーク内で遊びたいもの。

なので、私はホラーナイトのゾンビを満喫するために『』はお昼に行くのをオススメ致します。

Jホラーエリア
夜の雰囲気

待つ場所も暗いし赤いし、ホラーナイトで盛り上がるパークの喧騒から外れたエリアだけに、もっと恐さ倍増は間違いなし!だと思います。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンさんの企画は、本当にうまく考えられていると思います。

』には入場できない子供達も、Jホラーエリア内で恐怖を満喫できたので、ぜひ覗きに行ってみてくださいね。

ネタバレしない感想と本当にあった私の恐怖体験

ネタバレはしませんが、確認させていただきたいのでこれだけ。

私は真ん中のコースで、ダンナと一番後ろの列でした。

ご存知の通り、淡嶋神社さんからお預かりしたであろう本物のお人形が並ぶ狭い通路を歩くのですが…

気がついたら右下の私の腰の辺りに白髪が見えて。
暗いし、かなり腰をかがめられていたのかお顔は見えませんでした。

で、低い震えるような声で
「ごめんね…ごめんね…」
ってついてきてたんです><

私達の前は中国人若者グループで、ぐいぐい進んで行ってたので私も必死で遅れないように歩きながら、ダンナにその場で、
「ごめんね…ごめんね…、ってついてきてるんコワイーーーーー!!!」
と何度か言ったんだけど。

ダンナには、見えなかった聞こえなかったとのこと。

ダンナが言うには、自分は左側を歩いていたから、私の右側に白髪の老婆が居たとしても位置的に見えなかったんだと。

でもね、移動した時は真後ろから声がしてたので、その時も「ホラ!ごめんね…って言ってるやん!」と訴えたんですよ。

私、昔からいろいろと恐怖体験や不思議なこと経験したりする方なので、この『祟~TATARI~』で一番怖かったのは、この白髪の「ごめんね…」でした。

「私を怖がらせようと思ってワザと言ってんちゃうん?(;゚Д゚)」
とダンナを問い詰めているんだけど、口を割らず…

あ、確認させてくださいと書きましたが、やっぱりもし、そんなキャストはいなかったとしても、みなさんやっぱり私にお知らせして頂かなくても結構ですΣ(゚Д゚)

また、それはキャストだよ、安心してというお言葉も結構です。

あやふやなままでいて、純和風ホラーならではの余韻に浸っておきます(笑)

ぜひ、みなさんは確認してきてください><